So-net無料ブログ作成
検索選択

延喜式相模十三社巡り 寒川神社・前鳥神社・大庭神社・宇都母知神社・深見神社 [生活]

ここのところ体調悪かったり天気悪かったりで自転車乗らない日が
続いていたんだけど、やってきました晴れの週末!
ちょっと空気は冷たかったけど、風は弱かったので走るには良い
コンディションサイクリング日和。

ということで、今日も走るよ!
自転車で藤沢方面の神社巡りに行ってきたよ!

まずは自宅を出てまっすぐ相模川に、今までにも何度か立ち寄った
ことのある寒川神社と前鳥神社に向かうコースを辿ります。

いつもの慣れた道、時間にして30分くらい。
最初に立ち寄ったのは寒川神社、相模国一之宮であり
この地区唯一の名神神社なり。

創建年代は不明ながら、雄略天皇の時代の記録があるようで、
五世紀頃には知られた神社だったようです。祭神は寒川比古命と
寒川比女命、この神の由来はちょっとわかりません。このあたり
の豪族の氏神だったんでしょうかねぇ。


鳥居は島木明神系ですね。一之宮だけあって鳥居もでっかい。

狛犬は拝殿の前にある神門のところにいます。こいつもでっかい。

こやつらは平成6年にリニューアルされたばかりの、まだ若々しい
ペアのようです。筋肉モリモリだ。

しかし、寒川神社はいつ来ても人がいっぱい居るね。
写真には写ってないけど、社殿の中は祈祷してる人が満載。

そうだそうだ、ここの絵馬はどんなんだろう?
と見てみれば、なんか種類がいっぱいだ。
貴族様、誰なんだろう、絵からは判断できないな。

あ、普通に馬の絵馬もあるね。

でも、やっぱり見所は干支絵馬。この絵柄はどっかで見たこと
あるような気がするけど、今まで撮った写真には同じ構図はなかったなぁ。

おお、これは勇ましい。

、、、、ん?甲戌?12年前のじゃん!
去年のが掛かってることはよくある話だけど、一回り前のとは。
物持ちがいいのかなんなのか、ねぇ。

これはなんだ?

と思ったら、八犬伝か。たしかに犬だしなぁ。


これは厄払いの絵馬。「厄」の字が逆さになっていて、
納める場所も普通の絵馬とは別でした。この辺になると
もはや絵馬といっていいものやら、違うやら。

ところで、神社でも御朱印をもらえると最近知りましたよ。
寒川神社のすぐ外の売店で朱印帳も売ってましたし。
ってことで、祈祷受付のところでお願いしたところ、快く
書いていただけました。

もともとは仏教のお経を納経したお返しにもらっていた
もののようなんだけど、時代が下っていくに従って参拝
記念となり、神仏習合されてた時代の影響で神社でも
やるようになった今でいうならスタンプラリー!

神職の方がいる神社ならたいがい戴けるようです。
相場はだいたい300円~500円くらいの模様。
これからは御朱印集めもやってみるかな。

さて、次は前鳥神社です。前鳥と書いてサキトリと読む。

鳥居は神明系ですね。脇の狛犬がなかなか厳つい顔。

この神社の創建年代は明記されていませんが、1968年に
創祀1600年祭とやらをやっているらしいので、四世紀頃と
伝えられているようです。

ここの祭神は菟道稚郎子命というあまり聞いたことないし
読み方がわからない神様と大山咋命と日本武尊です。
菟道稚郎子命はウジワキイラツコノミコトと読み、応神天皇の
皇太子で非常に学問が出来たらしい。それで、勉強にご利益が
あるらしいです。このあたりは全然知識不足だなぁ。
もっと沢山知識を蓄えられますように、パンパンっっと。
二礼二拍手一礼しておきましょか。

そして、境内社としてアマテラアスとスサノオを祀った神戸神社と

菅原道真と阿直岐命と王仁命という学問系の人たちを
祀った奨学神社というのも並び建っていました。

この奨学神社には時節柄なので高校受験の合格祈願の
小さなダルマがいっぱい並んでました。
神社なのに達磨かよ、と思わないでもないけど、
その辺のテキトーさ加減が日本人らしくていいね。

ここの絵馬はかわいい犬張子。

あと、鳥絵馬。

酉年の絵馬がいっぱいかかってるなぁ~って思ってたけど、
よく考えたら前鳥っていう神社の名だから、普通の絵馬が鳥なんだね。

ところで説明なしに参道脇に祖霊社というのがあった。

狛犬がなんだかビミョーにかわいかったので、写真写真。

社務所にこの神社についての由緒等をまとめた、
「前鳥神社ものがたり」という本が売っていたので
買ってきた。今度読んでみよう。こういう郷土史的な
本はなかなか書店で手に入らないので貴重かも。

社務所も開いていたので、御朱印も戴いてきました。

さて次に目指すは大庭神社。ちょっと遠いです。
ここは引地川のサイクリングコース途中にある親水公園沿いに
あるので、ちょっと大回りになるけど国道一号線まで出て、藤沢
方面にガーッと走って引地川と交差したところで川を昇っていきます。

なんか川沿いの公園の横、

小山のふもとに島木明神鳥居が立ってますよ。あれに違いない!


鳥居の先の階段を登ると、


なんだか明らかに壊れた元鳥居の跡と、
荒れた境内が見えます。廃れてますねぇ。

社殿だけはそこそこちゃんとしてますがね。

由緒等はあまりよくわかりませんが、祭神は神皇産霊命と菅原道真と
大庭三郎景親(ダレ?)と看板に書いてありました。

大庭三郎景親、すぐ近くに大庭城址公園ってのもあるので、
昔の殿様かいな?と思って調べてみたら、源平の戦いで
平氏について頼朝と戦った武将らしいね。全然知らんかった。

その次は宇都母知神社、ウツモチ神社と読みます。
ちょっと場所がわかりづらいけど、慶応大学藤沢校舎の
近くってことで、地図を見ぃ見ぃ確認しながら走ります。
うーん、しかしほんと周りに何もないところだな。畑ばっかり。
そんな中に神社ありました。

ここは神明系の鳥居で神明作りの社殿ですね。

狛犬はちょいとデブ。少しダイエットと筋トレして引き締めたほうがいいよ!

創建年代は不詳ながら、雄略天皇の時代の記事にその名が見られる
らしく、五世紀には名の知られた神社だったようです。この辺寒川神社と
事情はいっしょやね。
祭神は天照大神と稚産霊神と若日下部命。天照大神と若日下部命は
後世に合祀されたものらしい。
若日下部命は仁徳天皇の娘で雄略天皇の皇后、養蚕織物の振興に
尽くしたんだそうです。稚産霊神はカグツチを生んだイザナミが死ぬ
直前に生んだ神で、頭に蚕と桑の木が生じたと日本書紀に書いてある。
アマテラスも織物に関係する一面を持つ神だったりするので、この
神社は養蚕織物に縁の深い神社なんだね、きっと。

しかし、ここの絵馬は干支ものが見当たらないねぇ。
馬の絵と、

馬の字だけか。

絵馬なんだから馬だけなのはあたりまえなんだけど、
なんか物足りないゾ!

それはそれとして、この日はたまたま社務所に人が居たので、
御朱印を戴くことができました。

さて、けっこういい時間になってきたので最後に目指す深見神社
明るいうちにたどり着けるかどうか。中原街道に出てひたすら大和を
めざします。

えらく遠いので地図が一枚で入りきらなかった。

相鉄線大和駅と瀬谷駅の間くらいの位置、小学校のわき道を
入ったところにありました。

入り口近くには明神系の鳥居が建っている。

けど、なんか普通の神社と違うね。なんか変だ。
社殿は普通に南面しているんだけど、この鳥居は
90度曲がって西の方を向いてるのです。
この鳥居のほかにも3つほど鳥居があるけど、
社殿の正面には鳥居も狛犬もないのね。
下手な絵ですまんが、

こんな感じの配置。
しかも、鳥居の種類がバラバラ。
上のは明神系だったけど、横の参道に建っている
これは鹿島鳥居?

あぁ、由緒書きをみたら、この神社は鹿島神宮から神様を
勧進してるから、鹿島鳥居があるのか。
ついでだからここで書いておくと、この神社の祭神は
武甕槌神(タケミカヅチノカミ)と建御名方神(タケミナカタノカミ)、
出雲の国譲りの段で戦った神々ですね、今では仲良く?
合祀されてます。

そして、上の鹿島鳥居の奥に建っているこっちの鳥居は普通の
神明系かな?

裏口に建っているのは明神系だけど、控柱つき。

なんかいろんな鳥居が寄せ集められてる予感。
鳥居はなんだけど、狛犬は普通でした。しかし暗くて写りが悪いなぁ。

暗いので手ぶれピンぼけだらけだけど、なんとか絵馬の
写真も撮れたので一安心。
この神社の絵馬は干支絵馬ばかりで、種類も豊富。

思ったより大きい神社だったけど、さすがに6時過ぎでは
誰もいなかった。普段社務所の開いている神社か
どうかもわからなかったので、また来よう。

もうすっかり日が暮れて暗くなったので、途中で食事して、本屋に
立ち寄って、足もよれよれになって帰宅しました。

今日のサイクリング:伊勢原→寒川神社→前鳥神社→大庭神社→宇都母知神社→深見神社
Dst 71.34Km
Time 4.09.57h
Max 39.8Km/h
Ave 17.1Km/h

ゆっくりペースながらも、よぅ走ったね今日も。

P.S.
so-net blog最近重すぎ~。
それにtrackbackしても失敗相手に届かないこと多いしなぁ。
早くなんとかしてほしー。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

きんたSr

こんにちわ! 楽しく拝見しました。ずいぶん走って、終わりは夜になった様で、追体験できますねぇ。
ところで脇柱がある鳥居は前鳥神社にもあります。境内の西側で朱塗りですよ。両部鳥居とか言うそうで、神仏混淆の神社に多いそうな。厳島のが最大かな?
前鳥神社には正面参道ではない、昔あった鏡智院と言う別当寺院に向かっていた事になりますね。
by きんたSr (2010-03-20 08:13) 

kenkichi

コメントありがとうございます!
その後仕事の都合で東京の方に引っ越してしまったので
相模の国探索は路半ばでストップしてしまっていますが、
あの辺を自転車で走るのは本当に楽しかった思い出です。
前鳥神社にも脇柱のある鳥居があったんですね~、一応ぐるりと
周囲を回ったつもりだったんですが、その後まだまだうんと走らなきゃ
ならない予定だったので、気がはやって見落としてしまったのか
もしれません。
そういえばこのとき買った前鳥神社の本、まだ読んでないなぁ、
いいきっかけなんで、今度読んでみよう!
by kenkichi (2010-06-01 00:51) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。